Top

<   2006年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2006年 06月 16日
写真掲載用ブログ開設しました
無料版flickrの最大アップ枚数は200枚。早晩パンクしそうです。あまり大きな画像はアップできませんが、無料でかなりの容量が利用できるサービスがありましたので、そちらで開設しました。
K-photograph( http://kpage.blog71.fc2.com/ )です。右リンクにも追加しています。
[PR]
by kpage | 2006-06-16 11:14 | ■お知らせ
2006年 06月 04日
”らしく”見えるだろうか
 本城直季氏の写真集を見てから、すっかりファンになった感のあるジオラマ風写真だが、関連するサイトをあちこち検索して回ってみると、すでに沢山の人がこういう写真を楽しんでいるのに少し驚く。しかし、やはりというか、私などは高価なティルトレンズを前にただ立ち尽くすばかりなのだが、なんとか他の方策はないものかと、持ち合わせのCGソフトを使ったり、レンズベビーというものがあって、これで代替が結構出来るのではとか、随分苦心されている様子なども伺えて楽しい。特にレンズベビーはすごく個性的、魅力的なレンズで、値段も12600円、19950円と手が届き易い。今日、そんなことを色々調べていたら、いいソフトを発見した。TB's Defocus Filter というボカシのフリーソフトだが擬似被写界深度機能というのが付いていて、”らしく”見える画像が作れるのだ。細かい理屈は私にはよく分からないのだが、案ずるより生むが易しでやってみた。う~ん、どうだろう・・。もう少し高所から俯瞰した写真があればよかったのかなと思うのだが。写真は flickr に載せました。
[PR]
by kpage | 2006-06-04 00:54 | ■身近の話題
2006年 06月 01日
景観の日
a0006954_10502124.jpg 本城直季さんの作品 (写真集にあったような、なかったような記憶が曖昧^^;) なのだろうか、今日の朝日新聞朝刊のシティバンクの全面広告に例のジオラマ風写真が使用されている。
 実写のはずの波打つ海面が、ゼリーでも固めて作ったかのように嘘臭く変身しているのだが、この質感まで変化させる不可思議、可笑しさは一体なんだろうと、改めて感心する。その上、眺めているだけで何か気持ちがホッとする。身近な街や自然をいとおしく見せてしまうこの写真の眼差しを察知して、これを見る人は心を少しやさしくするのだろうか。今日6月1日は本日から施行された景観法に因んで「景観の日」と定められたそうだ。一口に景観を守ると言っても現実には色々な思惑や利害が絡んで難しいだろう。それでも常にこの写真の眼差しに立ち返りながら、景観後進国日本の汚名を是非晴らしてもらいたいと思うのだが、更に言えば今日は「写真の日」でもあるらしい。
[PR]
by kpage | 2006-06-01 12:17 | ■身近の話題


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30