Top
2006年 06月 04日
 本城直季氏の写真集を見てから、すっかりファンになった感のあるジオラマ風写真だが、関連するサイトをあちこち検索して回ってみると、すでに沢山の人がこういう写真を楽しんでいるのに少し驚く。しかし、やはりというか、私などは高価なティルトレンズを前にただ立ち尽くすばかりなのだが、なんとか他の方策はないものかと、持ち合わせのCGソフトを使ったり、レンズベビーというものがあって、これで代替が結構出来るのではとか、随分苦心されている様子なども伺えて楽しい。特にレンズベビーはすごく個性的、魅力的なレンズで、値段も12600円、19950円と手が届き易い。今日、そんなことを色々調べていたら、いいソフトを発見した。TB's Defocus Filter というボカシのフリーソフトだが擬似被写界深度機能というのが付いていて、”らしく”見える画像が作れるのだ。細かい理屈は私にはよく分からないのだが、案ずるより生むが易しでやってみた。う~ん、どうだろう・・。もう少し高所から俯瞰した写真があればよかったのかなと思うのだが。写真は flickr に載せました。
[PR]
by kpage | 2006-06-04 00:54 | ■身近の話題
<< 写真掲載用ブログ開設しました 景観の日 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31