Top
2006年 06月 01日
a0006954_10502124.jpg 本城直季さんの作品 (写真集にあったような、なかったような記憶が曖昧^^;) なのだろうか、今日の朝日新聞朝刊のシティバンクの全面広告に例のジオラマ風写真が使用されている。
 実写のはずの波打つ海面が、ゼリーでも固めて作ったかのように嘘臭く変身しているのだが、この質感まで変化させる不可思議、可笑しさは一体なんだろうと、改めて感心する。その上、眺めているだけで何か気持ちがホッとする。身近な街や自然をいとおしく見せてしまうこの写真の眼差しを察知して、これを見る人は心を少しやさしくするのだろうか。今日6月1日は本日から施行された景観法に因んで「景観の日」と定められたそうだ。一口に景観を守ると言っても現実には色々な思惑や利害が絡んで難しいだろう。それでも常にこの写真の眼差しに立ち返りながら、景観後進国日本の汚名を是非晴らしてもらいたいと思うのだが、更に言えば今日は「写真の日」でもあるらしい。
[PR]
by kpage | 2006-06-01 12:17 | ■身近の話題 | Comments(0)
<< ”らしく”見えるだろうか ミニチュアの本物 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31