Top
2005年 11月 30日
a0006954_11462163.jpg 先日「花はさくら木の感想」は文章の苦手な自分に課した勉強だと書いた。さてしかし、その成果は上がっていると言えるのかどうか。書いて更新する時には気付かないが、後から読んで見るとその文章に恥ずかしくなることがよくある。それでもこの頃は、自分で言うのはかなり図々しいのだが、僅かでもまともになって来ているような気がする。
 文章を書くには先ず自分の心の中に書きたいことがあるということが前提だ。しかしそれはここでは一旦横へ置いて、私の場合の問題は、とにかく文章を書くことに慣れていない、慣れていないからよけい少しはいい文章を書こうと意識する。そのあまり、知らず知らずのうちに紋切り型 (一見気が効いていそうだが手垢にまみれた表現) の連なる空疎な文章になりがちなことだ。しかも、時として読者が笑う前に文自体が笑っているような厭味な悪文になる。加えて基本的な作文法も充分心得ていない。
 実は、そういうことを私に教えてくれたものがあって、それは本多勝一著「日本語の作文技術」(朝日文庫)という本だ。ふらっと覗いた古本屋で見つけた1982年初版(この本自体は1991年の第20刷発行のもの) の随分古い本だが、理論に終始せず、著者が新聞記者としての現場を踏まえた上で解説をしてくれる非常に具体的で分かりやすい「日本語の作文技術」の本だ。上であげたような悪文のことは、「第八章 無神経な文章」の中で触れている。他に修飾語の順序や句読点の問題など、私にとっては ”まさに目から鱗” (これを紋切り型と言う) の内容が多い。特に句読点の打ち方は作文をする上で非常に基本的なことであるにも関わらず、小中学校を通じて充分納得の出来る説明を受けた覚えがない。むしろ作文が大の苦手な私は、それを逆手に取ったように字数確保のため、やたら「、」を散りばめたカスカスの文章を書いていたくらいだ。さすがにその頃に比べれば自分も進歩したものだと思うが、もっともっと、さらっとして分かりやすい文章が書けたらなあ、と思っている。
 この本の背表紙に多田道太郎氏の本文内の解説の一部が載っている。 『ちゃんとした日本語を書こうと思ったら、まず、勉強に本多勝一氏の「日本語の作文技術」を読め。これが私の持論である。・・・全巻を通読しなくてもいい。第一章から第四章まで読めば、それだけで確実に、文章はよくなる。この本はそういうスゴイ本なのだ。』 と。 『第一章から第四章』 とは序論的な内容と前述の修飾語の順序や句読点の問題についてのことだ。 『それだけで確実に、文章はよくなる』 のは個人差があると言うものだが、『スゴイ本』 であることは間違いない。
[PR]
by kpage | 2005-11-30 11:52 | ■書籍・雑誌
<< 息子のライブ メタボラ >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30