Top
2007年 01月 11日
ものさし探し
 朝日新聞朝刊の文化欄に『ものさし探し』というタイトルのコラムが連載されている。気付いたのは9日で、既に3回目を数えていて今日が5回目、残念ながら1回目、2回目のバックナンバーはもう探せなかった。
 
a0006954_14282026.jpg

3回目のテーマは『世論を測る』。ランキングや世論調査によって限られた選択枝から選ばせることで人々の意見が(意識的に?)誘導される危険をはらむとした上で、人々は単に多数にながされているのでなく、賛否の理由も実は人様々であって、人々は意外に何が公共に最善かを考えているとし、単純な賛否だけを問う十羽一絡げ式の世論調査などには苦言を呈している。掲載写真は「仏の海」(1995年京都・三十三間堂にて)「千手観音千体仏像 みな違うはみな同じか」の杉本氏のコメント。

a0006954_14284631.jpg

第4回のテーマは『時間を編集する』。杉本氏は『人の目は長時間露光のカメラだ』のようなことを言っている。我々の眼は生まれてから死ぬまでの気の遠くなるほどの時間に渡る映像を、連続的に記憶として取り込んでいるということだ。杉本氏は写真家だから長時間露光とわざわざ言うのだが、普通には映画やビデオと言った方が素直なだろう。ただ、生涯をかけてカメラのシャッターをずっと開けたままという感覚は写真に置き換えた方がなんとなくしっくり来る気がする。もっとも記憶の底からそれらを正確に取り出すのは至難の業だ。
 とにかく現代人は忙しい。溢れかえる情報はつまみ食いするしかない。やりたいことも沢山現れる。当然そういう社会を維持している仕事の量も増加の一歩だ。急がしくとも中身の濃い時間であればいいが、細切れの目次ばかりの内容のない時間を過ごすことになってはいないかと心配である。掲載写真は「U.A.プレイハウス、ニューヨーク」(1975年、映画一本分を長時間撮影)「『サタデー・ナイトフィーバー』上映中の劇場」杉本氏のコメント。

a0006954_142977.jpg

第5回目のテーマは『タブーは揺れる』。写真はかつてのワールドトレードセンターである。併記された杉本氏のコメントは「一文明が危機に瀕する時、カミカゼ攻撃は起きる」。意味は少しは分からないとは言え、タブーと言えど時代とともに変遷する。この建物を崩落させ多大な犠牲者を出した同時多発テロ後、関連して首をかしげるタブーもいくつか生まれた。日本でも戦後の半世紀に渡ってタブーだった「愛国心」が、今や反対するのがタブーの様相であるし、このまま行くと「人権」がタブーになるかも知れないと論じられている。そういう意味で今は何がいいのか悪いのか対処しづらい本当に複雑な時代だと思う。掲載写真は「ワールドトレードセンター」(1997年)
[PR]
# by kpage | 2007-01-11 14:02 | ■ほかのこと
2006年 06月 16日
写真掲載用ブログ開設しました
無料版flickrの最大アップ枚数は200枚。早晩パンクしそうです。あまり大きな画像はアップできませんが、無料でかなりの容量が利用できるサービスがありましたので、そちらで開設しました。
K-photograph( http://kpage.blog71.fc2.com/ )です。右リンクにも追加しています。
[PR]
# by kpage | 2006-06-16 11:14 | ■お知らせ
2006年 06月 04日
”らしく”見えるだろうか
 本城直季氏の写真集を見てから、すっかりファンになった感のあるジオラマ風写真だが、関連するサイトをあちこち検索して回ってみると、すでに沢山の人がこういう写真を楽しんでいるのに少し驚く。しかし、やはりというか、私などは高価なティルトレンズを前にただ立ち尽くすばかりなのだが、なんとか他の方策はないものかと、持ち合わせのCGソフトを使ったり、レンズベビーというものがあって、これで代替が結構出来るのではとか、随分苦心されている様子なども伺えて楽しい。特にレンズベビーはすごく個性的、魅力的なレンズで、値段も12600円、19950円と手が届き易い。今日、そんなことを色々調べていたら、いいソフトを発見した。TB's Defocus Filter というボカシのフリーソフトだが擬似被写界深度機能というのが付いていて、”らしく”見える画像が作れるのだ。細かい理屈は私にはよく分からないのだが、案ずるより生むが易しでやってみた。う~ん、どうだろう・・。もう少し高所から俯瞰した写真があればよかったのかなと思うのだが。写真は flickr に載せました。
[PR]
# by kpage | 2006-06-04 00:54 | ■身近の話題
2006年 06月 01日
景観の日
a0006954_10502124.jpg 本城直季さんの作品 (写真集にあったような、なかったような記憶が曖昧^^;) なのだろうか、今日の朝日新聞朝刊のシティバンクの全面広告に例のジオラマ風写真が使用されている。
 実写のはずの波打つ海面が、ゼリーでも固めて作ったかのように嘘臭く変身しているのだが、この質感まで変化させる不可思議、可笑しさは一体なんだろうと、改めて感心する。その上、眺めているだけで何か気持ちがホッとする。身近な街や自然をいとおしく見せてしまうこの写真の眼差しを察知して、これを見る人は心を少しやさしくするのだろうか。今日6月1日は本日から施行された景観法に因んで「景観の日」と定められたそうだ。一口に景観を守ると言っても現実には色々な思惑や利害が絡んで難しいだろう。それでも常にこの写真の眼差しに立ち返りながら、景観後進国日本の汚名を是非晴らしてもらいたいと思うのだが、更に言えば今日は「写真の日」でもあるらしい。
[PR]
# by kpage | 2006-06-01 12:17 | ■身近の話題
2006年 05月 26日
ミニチュアの本物
a0006954_22234829.jpg 一昨日書店であれこれ買う気もないのに見ていたら、とても面白い写真集を発見した。それは「small planet - 本城直季 写真集」リトルモア 2006-04-18出版という写真集だ。この作品サイトを見てもらえれば何が面白いか直ぐに分かってもらえると思う。副題に「誰も知らない もう一つの地球」とあって興味を引いたのだが、ページをめくりながら私は、「なんて細かいところまで丁寧に作ったジオラマなんだ」と正直思った。しかも夜景に至っては建物一つ一つに明かりが灯っている・・!そして、私はこの辺りに来てやっと、「これはちょっとおかしいぞ」と思ったのだが、それには実は訳があった。
 昨年9月、日帰りで東京へ行ったことがあり、空いた時間にお上りさんよろしく六本木ヒルズへ行ってみた。六本木ヒルズのどの建物の何階だったかは正確な記憶にないが、確か東京やニューヨークや上海?など大都会の航空写真を元にした精密で大規模なジオラマの展示があった。これがすごくユニークで、思わず携帯で一枚撮ってしまったのが上の写真だ(確か撮影禁止となっていたが思わず撮ってしまった、ごめんなさい)。これが、最初の1ページ目から頭にあってそのようなものだと思い込んでしまっていたのだ。
 それにしてもこの写真は面白い。どう見てもミニチュアである。どうやってこれは撮っているのか調べたところ、ティルトレンズというものを使っているようだ。それでこのレンズさえ手に入れば自分でもこんな写真が撮れるのだと思い、早速値段を調べたところでは安いところでも12~3万くらいするようで一気に熱が冷めてしまった。
 遠景の極狭い一部分にピントを合わせた写真を見ると、何故だかよくは分からないが、知識として、経験としてミニチュアに見えてしまうのだというようなことを撮影した本城氏は巻末に書いておられる。確かに間近のものを見る時、通常意識はしていないが注意してみると前後にあるものはかなりボヤけている。遠くにあるものは、その一部に目を凝らしたところでその直ぐ前後にあるものがそれほどピントがボケているようではない。前後がボケるのは間近にあるもの、すなわちビルディングの形をしていようが小さいものなのだ、と。理屈はこういうことなのだろう。
 
[PR]
# by kpage | 2006-05-26 22:26 | ■身近の話題
2006年 05月 20日
懐かしさ3倍
a0006954_2229528.jpg 友人の版画展に、久しぶりの懐かしい顔を見るのも楽しみに行って来た。画廊は京都の三条河原町から少し西へ入った寺町という小さな通りにある。ここにはこの画廊以外にもいくつか画廊があって、またその画廊に寄り添うように額縁屋が何軒かあり、他にも古色然とした古書店などが立ち並んでいたりで、初めてなのに何か昔懐かしい面白い雰囲気のする街だった。
 ここから数百メートルのところにイノダコーヒー店の本店がある。今は亡き高田渡の「コーヒーブルース」という曲の中で歌われた店だ。学生時代に一度行ったきりで、今日はなんと31年ぶりということだろうか。注文すると既に砂糖とミルクが入ってやってくるコーヒーは今も健在で懐かしかったし、とてもおいしかった。本店の建物は確か何年か前に火災に遭っており、改築(か新築か)されたもの。
[PR]
# by kpage | 2006-05-20 22:32 | ■身近の話題
2006年 05月 18日
Flickrのカテゴリー(sets)作成
 objects(もの)、plants(植物)、scenes(光景)の3つのsetsを作ってみた。これに分類しづらいものもあるだろうが、無料バージョンではsetsは3つまでらしいから仕方がない。多分載せることはないと思うが人物(後姿はありかもしれない)はやはりobjectsだろうか。
[PR]
# by kpage | 2006-05-18 20:15 | ■身近の話題
2006年 05月 09日
枚数は増えてはいるが
 Flickrへのアップ枚数もようやく30枚を超えたところで、あともう少し枚数が増えてカテゴリー(flickrではsetsという)に小分けなどすれば、晴れてアルバムの体裁が出来上がる。
 今のところ、既にあるイメージのマネみたいなもの、良く言えばイメージの再現をいろいろ試しているようなもので、そのため被写体にそぐわない少々強引な構図や露光になったりもする。そのうちに自分らしいものが素直に撮れるようになればと思っている。
 あまり意味のないものまで入れると、この10日間で1000回以上はシャッターを切っているだろうか。そのうち保存しているものは40枚にも満たないが、フィルムでこれだけの回数を練習しようとすれば、どれだけの費用と時間がかかることか。デジタルの有難いところだ。
[PR]
# by kpage | 2006-05-09 01:00 | ■身近の話題
2006年 05月 02日
水俣病慰霊碑文
 本日の天声人語が水俣病の慰霊碑文について 『広島の原爆慰霊碑の言葉を連想させる』 と書いている。さらに悲劇という言葉には 『為政者の側が発する言葉としては違和感がある』 と書いているが、その通りである。
 相変わらずの主語、主格の不明確さも、多分故意によるものだろう。しかも広島では正体不明ながらも「過ち」が主格たる者の犯したことであることが明らかであるのに対して、今回の水俣では主格は「悲劇」を単に傍観するどこの誰か分からない観客のようである。観客に 『二度とこの悲劇は繰り返しません』 と言わせるこういった欺瞞は一体何だろう。天声人語は 『水俣の惨禍は、終わっていない』 と締めくくるが、確かにこれではいくら経っても終わりようがない。
[PR]
# by kpage | 2006-05-02 08:30 | ■行政
2006年 05月 01日
flickr
 flickrというオンラインアルバムサービスを利用してみることにした。英語版のため完成はそのうちに。URL:http://flickr.com/photos/iam1951/
[PR]
# by kpage | 2006-05-01 01:30 | ■お知らせ


リンク
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
画像一覧